注意散漫に≪脳活精≫

Share on Facebook

人の名前など固有名詞が思い出せない物忘れも心配ですが、椅子から立ち上がった途端に、「何するんだっけ?」と立ち上がった動機を忘れてしまう、消した「つもり」のガスや電気のつけっぱなし、バックに入れた「つもり」の忘れ物、置き忘れ等が続くと、次第に自分に自信が持てなくなりますよね。加えて、ブレーキとアクセルの踏み間違いの交通事故のニュースを見ると、「この先一体どうしたらいいの?」と戸惑いを覚えます。

しかしこれは、寝不足、疲れ、多忙、体調不良、悩み事などが重なったときには、誰にでも起こり得ることばかりです。特に夏の終わりは、夏バテで血液を動かすエネルギーが不足がちにになります。「足がつる」のと同じように、脳に「気虚」が原因の「注意散漫」現象が起こっても、何ら不思議はありません。認知症ばかりを意識して不安になっても、ストレスが増えるばかり。羚羊角で「脳の夏バテ」をいたわるのも1つの選択です。
① 注意力散漫で集中出来な い
② 頭の整理がつかない
③ 目、頭を使い過ぎてボー っとする
④ 人の名前が思い出せない
etc.
思い当たるところがあれば、≪脳活精≫ を是非お役立てください。

コメントは受け付けていません。